SPOOLブログ 〜糸まき式〜

美容のこと、健康のこと、暮らしの中のヒントや、きっかけを提案します。郡山市桑野2-5-1 桑野ビルA 024-901-9374 https://spool.amebaownd.com

成り立ちを知ること。

「雪が降る本当の理由を知らずに、

 

人は、寒いと言う。

 

雪は人を寒がらせようとは思っていない。」

 

 

これは、子連れ狼にでてくるセリフです。笑

 

 

しかしこれが、中々深い言葉なのです。

 

勿論雪が降るのは、只の気象現象であり、

 

意図があるわけではありません。

 

 

しかし、雪が降る事で、

 

春には雪解け水として流れていき、

 

それが、田畑に必要なのです。

 

山沿いの地域では、

 

雪が降るのは大変な事ですが、

 

降らなければ、春になってから、

 

水不足で、農業が大変になります。

 

 

都会では感じない事ですが、

 

田舎では、季節どうりに進まないと、

 

死活問題なのです。

 

 

 

このように、自然の流れに、

 

人が流されて生きてきたのが、

 

人間の歴史です。

 

 

 

自分も、雪が降る事は望みません。

 

しかし、雪が降らないと、

 

困ってしまう人も沢山いるわけですね。

 

 

人だけではなく、

 

植物も、雪が降る事を前提にして、

 

進化していますから、

 

降らなければ、色々とバランスが崩れて

 

しまうのでしょう。

 

 

 

 

何が言いたいかというと、

 

何ごとも、

 

いい事と、悪いことは、背中合わせだと、

 

それを学べるなと感じました。

 

 

そしてきっと、

 

雪が降るという、嫌な事も、

 

違う視点でみれば、

 

とても大事な事であり、

 

意味のある事だなと。

 

 

 

この、「意味を考える」

 

という事がとても大事だなと、

 

最近つくづく思います。

 

 

 

そして、意味とは、

 

それらの成り立ちが大きく関わっています。

 

成り立ちとは、歴史です。

 

 

 

最近良く聞く事ですが、

 

仕事において、

 

自分の損得だけを考える人が増えて、

 

困っている。や、

 

頭にくる。など、

 

今の若者は、、、。など。

 

誰もが思う事でしょう。

 

ゆとり世代だから、、、

 

などとも言いますが、

 

まあ、若い人に限った事ではないと思います。

 

 

 

では、何故、組織の中で、

 

自分の損得だけを考える人が多くいるのか?

 

 

やはりこの意味を知るには、

 

その成り立ちです。

 

 

そして、人の成り立ちは、

 

教育が大きく関わってきます。

 

ゆとり教育」だからでしょうか?

 

いや、そうではないと思います。

 

 

 

皆さんは勉強を、

 

何の為にしてきましたか?

 

また、何の為に、

 

勉強しなさい、と教えられましたか?

 

 

 

大体は、

 

自分の将来の為ですよね?

 

そして、将来どうなる為ですか?

 

「自分が、より良い生活を送る為。」

 

じゃないですか?

 

 

学校の先生や、親が言う、

 

勉強しなさい。は、

 

この為じゃなかったですか?

 

だからみんな自分の将来の為に、

 

勉強しなきゃと思いましたよね?

 

 

でも、、、

 

自分の為に勉強をして、頑張ってきて、

 

いよいよ大人になって社会に出たら、

 

どう思いますか?

 

やっと、今までの頑張りが身を結んだ、

 

これからも益々自分の為に頑張らなきゃ。

 

と思いますよね?

 

 

そうです、

 

今まで自分の為に頑張ってきたんです。

 

それなら、職場でも、

 

自分の損得で働きますよね?

 

何の矛盾もない事だと思います。

 

 

それなのに、会社の為にだとか、

 

みんなのために、だとか言われても、

 

???じゃないですか?

 

 

 

自分の為に勉強しろと言われてきたのに、

 

社会に出たら、、

 

自分の為に働いてはいけないのです。

 

これは、おかしくないですか?

 

 

かといって、

 

自分の為に働く事が正しいとも言えません。

 

 

勿論、自分の生活の為に働くのは重要です。

 

しかし、それだけではないですよね?

 

 

社会の一員として、

 

お客様や、一緒に働く仲間、会社、

 

それらの為に働いてこそ、

 

給与がもらえ、自分の為になるのですから。

 

 

 

例えば、野球をやっている子供に、

 

あなたは、自分の将来の為に、

 

ヒットを打つ練習をしなさい!

 

と言いますか?

 

 

 

チームが勝つ為に、

 

ヒットを打つ練習をしなさい!

 

チーム皆んなで喜べる為に、練習しなさい。

 

これが大事ですよね?

 

 

 

これをそのまま勉強に置きかえれば、

 

社会に出たら、

 

会社とは、

 

沢山の人達が求めているものを提供して、

 

それに喜んでもらい、お金を頂き、

 

そのお金でお給料をもらえるんだよ。

 

だから沢山の人に喜んでもらう為に、

 

社員皆んなが

 

力を合わせて頑張らなきゃいけない。

 

 

その為には、沢山勉強して、

 

その力になれるように

 

ならなきゃいけないんだよ。

 

それで初めて、

 

自分もいい暮らしが出来るようになるんだよ。

 

 

こう教えるべきではないでしょうか?

 

ごく当たり前の事ですね。

 

これが働く事への志し、です。

 

 

 

でも実際は、

 

野球をやってる子供に、

 

あなたがヒットを打ったり、

 

早い球を投げれたら、

 

将来、沢山お金をもらえるよ!

 

だから練習しなさい!

 

 

こういう風に、

 

 

勉強しなさい!

 

と言ってる事が多いのではないでしょうか?

 

 

こうした成り立ちの人を、

 

果たして責められますか?

 

 

やはり成り立ちから見直すべきです。

 

つまり教育です。

 

 

自分は子供はいませんが、

 

うちのお客さまは、子供がいる方や、

 

これから産まれる方も多いです。

 

 

ですから、教育の大事さを知ってほしく、

 

今回は書いてみました。

 

 

冬に雪が降らなければ、

 

春が大変になります。

 

 

自分が寒い寒いばかり言わずに、

 

多くの事に影響を及ぼす、

 

雪が降る意味を知らなければいけないのです。

 

それを知れば、

 

雪かきにも、志しが生まれるでしょう。

 

 

 

 

どんな悩みや、苛立ちにも、

 

意味があり、成り立ちがあります。

 

成り立ちから理解をして、

 

策を練らねば、解決はしないものです。

 

 

 

今回はそんな、

 

ふと思った事でした。

 

 

「雪は、

 

人を寒がらせようとは思っていないのです。」

 

 

人もまた、

 

誰かを困らせようとは思っていない、

 

それがほとんどじゃないでしょうか。

 

 

お互いに、成り立ちを知ること、

 

これが大事だと思います。

f:id:spooLife:20190210002248j:image

 

SPOOL

福島県郡山市桑野2-5-1 桑野ビルA

024-901-9374

 

HP↓

https://spool.amebaownd.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたくなる心もち。

新年明けましておめでとうございます。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

また、いつもこのブログを読んでいただき

 

ありがとうございます。

 

懲りずに今年もご覧下さい。

 

 

さて、2019年も、10日が経ちました。

 

まだまだお正月気分が抜けずに、

 

やる気スイッチをお探し中の方も多いでしょう

 

 

このブログを書くにも、

 

なかなかスイッチが見つかりませんでした。笑

 

(注:仕事スイッチは入れてあります!)

 

 

お正月は、

 

おめでとうございます。と、

 

いつになく祝福され、

 

また、相手にも祝福していますが、

 

特に、嬉しさが込み上げてきて、

 

やる気が出る、といったものでもないですね。

 

逆に、おめでたいのに、ダラけてしまいます。

 

 

以前、

 

なぜ正月はめでたいのか?

 

という事に関する解説を

 

目にしました。

 

 

なぜ、めでたいのでしょうか?

 

まあ、普通に考えれば、

 

無事に新しい年を迎えた事への喜び。

 

と、考えますね。

 

それでも良いのでしょうが、

 

 

正確には、

 

新たな一年の、年神様が家に来て、

 

それによって、豊作や健康な一年になる。

 

という事で、

 

神さまの目印になるのが、

 

正月飾りのようですね。

 

 

そして、家の台所の、かまどの神様に、

 

数日お休み頂くために、

 

おせちを作るのだそうです。

 

 

しかし、せっかく神様が来たのに、

 

縁起の悪いことばかり話したりすると、

 

その一年が、台無しになってしまうので、

 

皆んな必須に、

 

おめでとうございます。

 

と、めでたい言葉を言いあったり、

 

縁起の良い事をしたりするわけです。

 

 

神様の前で、

 

必死に頑張っているように思えますね。笑

 

 

まるで、とある社長から、

 

100万円のお年玉が貰えるということで、

 

ツイッターのフォロワーが一気に増え、

 

皆んなお年玉欲しさに、

 

その社長への、

 

ごますりメッセージを書いていた事みたい。笑

 

そしてハズレた人達は次から次へと

 

フォローを外すという。。

 

 

 

まあ、それは皮肉ですが、

 

実際、神様はどうあれ、

 

めでたい事を口にしたり、

 

めでたい行動をする事により、

 

その一年が良くなるというのは、

 

間違いではないと思います。

 

言霊というのもありますし、

 

めでたい、めでたい、と言っていれば、

 

現実を引き寄せることにもなりますから。

 

 

 

昔、アントニオ猪木が、

 

試合前に、負けたらどうしますか?と聞かれ、

 

試合する前から、

 

負ける事を考えるやつがいるか!!

 

と、記者を怒鳴りましたが、

 

それと同じですね。笑

 

 

 

話しを戻しますと、

 

日本人の神様信仰は、

 

様々な物に神が宿るというものです。

 

火、土、木、水、だけではなく、

 

一年の神や、台所の神、そしてトイレの神様

 

すべてに神がいる訳ですね。

 

 

でも実際いると思いますか?笑

 

 

真実は分かりませんが、

 

 

少なくとも、全てのモノに感謝をする。

 

その為に神の存在があるのだと思います。

 

 

神社にも神様がいて、

 

皆さんお参りしますが、

 

神社の神様は鏡になっています。

 

 

つまり鏡に映った自分に、

 

手を合わせているのです。

 

ですから、お参りというのは、

 

自分自身に対する、決意表明なのではないか?

 

自分は、そう考えています。

 

 

己を観る心を

 

神様の存在する位置に置き換える事で、

 

自分で自分を鼓舞したり、

 

自分自身を見つめなおして、

 

感謝の気持ちを再確認したり。

 

そういう事じゃないのかなと。

 

自分で自分を観ることがとても難しいからこそ

 

神の存在があり、

 

その存在自体も、

 

結局は、自分次第なのだなと思います。

 

 

そう考えてみると、

 

正月のめでたい、は、

 

神様への、ご機嫌とりではなく、

 

自分自身に対する、

 

この一年の希望であり、

 

決意表明であり、

 

また、昨年への感謝ではないかと。

 

 

それを相手に対しても行う事が、

 

明けましておめでとうございます。

 

の意味であり、

 

日本人らしい心なのではないでしょうか?

 

 

これで自分は納得がいきましたが、

 

皆さまは、いかがでしょうか?

 

 

 

ちなみに、昔は個人の誕生日などなく、

 

正月に皆んな一斉に歳を重ねていたので、

 

それに対する、

 

おめでとう、もあるのかもしれませんね。

 

何せ今のように個人的な誕生日が出来たのは、

 

昭和24年からなのですから。。

 

 

話しが逸れましたが、

 

正月は、めでたいものというより、

 

めでたくしなければいけないときなのです。

 

 

 

これは、

 

進学でも、結婚でも、

 

仕事を始めた時でも、会社を作った時でも、

 

その結果に、おめでとう、

 

だけではなく、

 

この先の結果も、上手くいきますよ!

 

という思いを込めて、

 

おめでとう、というのと通じるものでしょう。

 

 

 

そしてこの思いを

 

365日続けているのが宮中です。

 

宮中では縁起の悪い言葉や、行動は、

 

常にタブーなのです。

 

 

それによって国民に災いが訪れると

 

考えられてきたからです。

 

 

国民の為に、常に正月のように縁起の良い

 

振る舞いをしているのです。

 

 

そこから忌み言葉(縁起の悪い言葉)を

 

排除した言葉が、

 

宮中で使われるようになりました。

 

例えば、

 

「終わり」と言わず「お開き」と言ったり、

 

様々な、験担ぎの言葉になったのです。

 

 

これを国民はせめて正月の間はやりましょう、

 

という事ですね。

 

 

 

と、今回は正月に関する豆知識でしたが、

 

皆さまのスイッチは、

 

心の中に埋もれている場合もありますから、

 

自分自身を見つめなおし、

 

目標、希望、夢、感謝、

 

そして、めでたい自分のイメージ、

 

これがスイッチなのではないでしょうか?

 

 

 

本来、正月とは、

 

スイッチを見失う時では無く、

 

スイッチを見つける時、

 

そういう意味だったのですから。

 

 

それでは皆さま、良い一年になりますよう。

 

おめでとうございます。

 

f:id:spooLife:20190110155128j:image

 

SPOOL

福島県郡山市桑野2-5-1 桑野ビルA

024-901-9374

 

HP↓

 

spool.amebaownd.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時の使いみち。

長い影が跡を引く

 

黄昏な時間もどんどん早まり、

 

あっという間に影はしぼんで

 

夜へと変わる季節です。

 

代わりにイルミネーションの光が

 

煌めき出します。

 

12月ですね。

 

 

さあ、いよいよ2018年も、

 

最後の月に突入。

 

 

いつからこんなに

 

1年が早くなったのでしょうか?

 

地球の自転と公転が早くなってない?

 

そう感じてしまうほどです。

 

 

時間とはずっと同じスピードで過ぎていく

 

不変のものなのに、

 

感じ方はいつも違く、

 

楽しい時は早く、退屈な時は長い。。

 

歳を重ねるごとに早く感じる。。

 

 

アインシュタイン的に言うと、

 

早く動くと時間は遅く流れるので、

 

若い時より動きが遅くなったから、

 

時間が早く流れるのでしょうか。。

 

少し早く動いてみようかな。笑

 

 

 

さて、この「時間」ですが、

 

価値にすると、

 

お金と変わらないぐらいですよね。

 

 

時間を費やしたくないから、お金を使ったり、

 

はたまた、

 

お金を費やしたくないから、時間を使ったり、

 

 

まさに、

 

時は金なり。

 

ならば、金は時なり。ともなりますね。

 

 

まあ、お金と時間は、同じぐらい大切だと

 

そういう事です。

 

 

この大切な、お金と時間ですが、

 

大切だからこそ、なかなか人に与える事は

 

躊躇しますよね?

 

 

お金で考えると、

 

家族や、恋人、友達、後輩など、

 

大切だと思える人には、

 

大切なお金も使えます。

 

 

大切な人でなければ?

 

なかなか使わないですよね?

 

大切な人以外に使うとすれば

 

見返りを期待してでしょうか。。

 

 

 

時間も同じことで、

 

大切な人には、自分の貴重な時間を使えます、

 

そうじゃない人には、なかなか使えません。

 

自分の時間が、勿体ないからですね。

 

 

では、

 

さほど大切だと感じていない人に対して、

 

お金か時間のどちらか一つを

 

使わなければいけなかったら、

 

あなたはどちらを使いますか?

 

 

 

自分ならば、時間を使います。

 

 

何故かというと、

 

 

いくらお金を使っても、

 

大切じゃない人は、結局いつまでも

 

大切じゃない人のまま。

 

それどころか、

 

これだけお金を使ってあげたのに、

 

という不満が大きくなり、

 

嫌いな人になってしまいがちです。

 

 

 

では、時間はどうでしょうか?

 

 

時間を使うということは、

 

その人といる時間が長くなります。

 

自ずと、

 

その人の事を良く知ることが出来ます。

 

すると、大切な人に変わる事もあります。

 

逆に嫌いな人になる事もあるでしょう。

 

しかし、その人の事を知り、分析した上で

 

嫌いになるなら、

 

反面教師として、

 

自分の生き方にも活かせます。

 

 

使った「時間」は、

 

学びの時間として、必ず何かをもたらします。

 

無駄な時間というものは、無いはずなんです。

 

 

 

もちろん、お金を使う事で、

 

得る事もありますが、

 

あまり学びは少ないのではないかと思います。

 

 

 

何を言いたいかと申しますと、

 

いろいろな人の為に、

 

時間を使うということは、

 

人の為になるだけでは無く、

 

自分の為にもなる。

 

という事です。

 

 

 

仕事もそうです。

 

働きながら自分の時間を

 

大切な人だけではなく、

 

沢山の人の為に使います。

 

勿論、給与を貰う為でもありますが、

 

働いている時間というのは、

 

お金以外の部分でも、

 

沢山の人の為や、自分の為になる。

 

そういう事だと思います。

 

 

これから多くなる忘年会など、

 

給与が出ない時間に、

 

何故行かなきゃいけないのか。

 

給与が出ないのに、何故

 

後輩の相談に乗らなきゃいけないのか。

 

上司と飲みに行かなきゃいけないのか。

 

などなど、

 

こんな思いの人達が多いと聞きます。

 

 

これは単純に、

 

時間が無駄になると思っているからでしょう。

 

 

人間に与えられた時間など、

 

長くてたかだか100年。

 

その100年を自分の為に使い、

 

いったいそれで何が残るのか?

 

 

割合でいえば、

 

自分の為に使う時間の方が多くて当然ですが、

 

一日に、せめて2割、すると約5時間、

 

人の為に使えば、

 

トータル20年を

 

人の為に時間を使ったことになります。

 

赤ちゃん時代を省いたとしても、

 

かなりの年数です。

 

一日5時間なら、仕事中も人の為に使えば、

 

簡単なこと。

 

仕事以外でも使える人は、

 

100年の人生だとすると、

 

40年以上分ぐらい時間を使った人になります。

 

 

これは、無駄な時間なのでしょうか?

 

自分はそうは思いません。

 

人の為に使った40年という時間は、

 

多くの人に様々なことをもたらし、

 

またそれは、脈々と続いていくことでしょう。

 

其れこそが自分が生きた証しであり、

 

価値なのではないか?

 

 

そう考えています。

 

 

歴史の偉人ほど、

 

人の為に時間は使えなくても、

 

ほんの少し、

 

自分の時間を、人の為に使うという気持ち、

 

これがあれば、

 

仕事をすることの意味や、

 

生きることの意味を感じられると思うのです。

 

 

お金は、沢山持っている人も、

 

そうではない人も様々。

 

使えるお金も違います。

 

 

でも、一日の時間は、

 

みな同じだけ持っているのですから、

 

時間は使えるはずです。

 

頭で人の為になる事を考えるだけの時間でも、

 

立派に、人に使った時間です。

 

 

 

そう考えて働く事が、

 

仕事をする事の本当の意味に気づき、

 

ストレスや、悩みを、

 

軽くできるヒントになるのではないか。

 

そういう想いで、

 

今回のブログを書かせて頂きました。

 

 

長い文章を読んで頂きありがとうございます。

 

 

自分も日々、

 

お客様の為に仕事の時間を使い、

 

仕事以外でも

 

少しでもいいから、

 

人の為に時間を使える生き方をしたいなと、

 

思っております。

 

 

12月は、バタバタと時間が早く流れていく、

 

まさに、師走です。

 

 

より良い、時間の使いみちで、

 

今年を締めくくれるよう、

 

皆さま体調管理にもお気をつけて

 

お過ごしください。

 

 

12月中のご予約も

 

少しずつ埋まってきておりますので、

 

お早めにご連絡ください。

 

お待ちしてます。

 

 f:id:spooLife:20181201191953j:image

 

SPOOL

福島県郡山市桑野2-5-1 桑野ビルA

024-901-9374

 

 HP↓

 https://spool.amebaownd.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足踏みの、たのしみ

仕事に向かう道すがら、

 

信号が、青(緑)から黄色に変わり、

 

赤になる。

 

朝は、赤信号に苛立ちを感じる事もあるが、

 

一休みと考えると、

 

赤信号も心地のよいものだとも感じる。

 

 

そしてまた、青になり、

 

右足を、右にずらして走りだす。

 

また左にずらして止まる。

 

右足が、アクセルからブレーキへ、

 

ブレーキからアクセルへ。

 

この繰り返し。

 

青から黄色、赤。

 

また青になり、そして黄色、赤。

 

 

 

季節の変わり目もそのようなもので

 

木々の色も、

 

青(緑)から黄色や赤に変わって、

 

冬が来る。

 

木々にとっては、一休みの季節。

 

また青になれば動き出す。

 

 

信号と同じだ。

 

 

信号も季節も決まった間隔で、

 

変わっていくもの。

 

その繰り返し。

 

 

 

 

ただ信号は、

 

一つ一つは一定の間隔で動いていても、

 

車のスピードや、タイミングにより、

 

運転手からすれば、

 

同じ間隔には感じないものである。

 

 

 

長いこと走り続けたり。

 

毎回止まったり。

 

黄色でも、えーい行ってしまえ!

 

でもすぐに止まったり。

 

走る人によって、毎回様々。

 

こればっかりは、コントロールできない。

 

信号って、いくつもあるから、

 

毎回それらのタイミングは分からない。

 

いつも違う。

 

 

これは人の生き方や、

 

社会も同じなのかな。。

 

 

 

例えそれぞれが規則正しく動いていても、

 

それが複数あれば、

 

自分の走り方次第で、

 

毎回タイミングは違ってしまう。

 

 

その上、規則正しく動いている人など、

 

世の中には、なかなかいないものだから、

 

尚更いつも同じ様には走っていられない。

 

 

 

と、何を言いたいかと申しますと、、

 

 

日々、様々な方の悩みを聞いていると、

 

自分も含めて、

 

人は、思い通りのタイミングで

 

気持ちよく走っていたいのです。

 

 

毎回信号に従って、

 

止まったり走ったりしたくないのです。

 

 

つまり、

 

高速道路を走りたいのですね。笑

 

 

疲れたら、自分のタイミングで

 

サービスエリアに入ればいいのですから。

 

 

たまに渋滞はありますが、

 

まあそれは、だいたい予測出来るものです。

 

交通情報もありますし。

 

 

しかし、信号だけは、

 

予測もできないし情報もないのです。

 

 

みんな

 

高速道路を走るように、

 

早く目的地にたどり着きたいんです。

 

 

これが簡単に出来れば、

 

人生って楽ですよね。。

 

 

ですが、、

 

人の生き方で大事なのは、

 

高速道路で

 

早く簡単に目的地にたどり着くことよりも、

 

目的地で何が出来るか。

 

なのではないでしょうか?

 

 

つまり、早く着いても、

 

経験や、教養や、人となりや、志しや、、

 

そういったものが無ければ、

 

目的地に着いても、

 

大切な意味のある事が

 

出来ないのではないでしょうか?

 

 

 

一般道を走るように、

 

人生は、信号で止まる事もありますが。

 

 

周りの景色を見たり、

 

気になるお店を見つけ、

 

立ち寄ってみたり。

 

いろんな情報と発見、

 

そしてコミュニケーションがあります。

 

 

そこから日々、

 

何かを吸収していけます。

 

 

その繰り返しが、自分を成長させ、

 

いずれ目的地に着いた時に、

 

思う存分に楽しめるのではないでしょうか?

 

 

赤信号に苛立つより、

 

赤信号を楽しみに変えれる発想。

 

それが大事なのではないでしょうか。

 

 

 

と、赤信号での足踏みに、

 

苛立ちそうな今朝、

 

ふと考えたことでした。

 

 

 

自然の景色も温かな色に変わり出し、

 

そのうちモノトーンになるでしょう。

 

それも大事な一休み。

 

 

もの悲しくなっていく季節ですが、

 

冬眠する事なく、

 

それを楽しめるのも、人間の醍醐味ですね。

 

鍋や、おでん、ふぐ、白子、牡蠣、寒ブリ、、

 

楽しみは沢山。

 

 

そして髪型でも楽しめるように、

 

スタイルチェンジや、カラーチェンジなど、

 

冬服に合わせたご提案をさせて頂きます。

 

ご来店お待ちしております。

 

f:id:spooLife:20181024140242j:image

 

SPOOL

福島県郡山市桑野2-5-1 桑野ビルA

024-901-9374

 

HP⇩

 https://spool.amebaownd.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「音」の景色

蝉時雨(せみしぐれ)を、

 

あたまから浴びながら、

 

汗を拭った季節にも懐かしさを感じつつ、

 

虫時雨(むししぐれ)を

 

足もとから浴びて、

 

眠りにつく季節となりました。

 

 

子供の頃は、過ぎていく暑さに、

 

寂しさを感じていましたが、、

 

近頃は、過ぎていく季節に、

 

また来年。

 

という潔の良さを持ち、

 

新たに迎える季節の

 

また違った趣きを感じれるようになりました。

 

 

そこには、「音」という風景があることも

 

大事な要素です。

 

この「音」という風景を

 

趣きに感じる心。

 

実は、世界中で、

 

日本人が1番感じているようなのです。

 

 

蛙、蝉、秋の虫、だけではなく、

 

雨、風、雪の音、

 

また、下駄や草履の音、

 

包丁とまな板の音、

 

魚が焼ける音、

 

昔は、豆腐売りなどの、

 

商売の音までも、

 

趣きと感じる事が出来ていたのです。

 

 

これらの音が、

 

海外では、騒音だと捉える人が多いと聞くと、

 

意外なものです。

 

 

まあ、日本でも、

 

選挙カーの音は、騒音ですが。笑

 

 

何が言いたいかと申しますと、

 

「音」というものも、

 

良く感じるか、悪く感じるか、

 

その違いは、

 

頭の中で、心地よい風景を思い描けるか、

 

これに尽きるのでしょう。

 

 

 

これは、人の言葉も同じことだと思います。

 

うるさいと思うのか、大切なものと思うのか。

 

言葉に込められた、意味や、

 

その人の感情、思い、

 

また、自分に向けられた想い。

 

これを、

 

大切にしなければいけない景色と捉えれば、

 

ストレスでは無くなるのではないか、

 

そう思うのです。

 

 

 

ご来店されるお客様たちも、

 

様々なストレスを感じて生活をされています。

 

悩みや相談を受ける事も沢山あります。

 

 

しかし、そのストレスのほとんどが、

 

人との関係です。

 

そしてそれは、人から発せられる言葉が

 

原因です。

 

 

何気なく使う言葉が、

 

人にストレスを与える事があるということ。

 

 

つまり、自分が発した「音」が、

 

騒音になっているのです。

 

 

これは、言った方、言われた方、

 

どちらが良い悪いではありません。

 

お互いが、言葉というものをどれだけ大事にし

 

発しているか、

 

また、聞いているか。

 

それが全てだと思います。

 

 

 

自分は、人としても、接客業としても、

 

発する言葉を吟味して使います。

 

それ故に、沢山の言葉を学びたい、

 

微妙なニュアンスひとつで、

 

いい音にも、騒音にもなってしまうからです。

 

幸いにも、日本語は、

 

その微妙なニュアンスによって、

 

沢山の言葉があります。

 

それは、いい「音」を奏でる為の、

 

沢山の楽器があるという事です。

 

 

最近、その沢山の楽器を、

 

あまり使わない人が増えていると思います。

 

 

1つ2つの楽器では、

 

環境や、状況、相手によっては、

 

騒音になってしまう事もあるのです。

 

奏で方も変える必要もあるでしょうし、

 

 

また、いくつも鳴らせばいい訳ではなく

 

 

沢山の楽器を奏でる、

 

オーケストラは、

 

常に全ての楽器を演奏する事はなく、

 

いい音楽を聴かせる為に、

 

ソロパートや、一度音が無くなる事もあり、

 

その上で迫力のある沢山の楽器の演奏がある。

 

これが、コミニュケーションでも大事です。

 

 

言葉という楽器を沢山覚えて、

 

いい「音」を沢山提供出来る人に。

 

また、いい「音」を沢山感じれる人に、

 

自分も含めて、多くの方がそうなる事を、

 

願っております。

 

 

と、

 

今回は、美容の事はまったくでしたが、

 

ライフスタイルに関する事として、

 

書かせて頂きました。

 

 

長文読んで頂き、ありがとうございます。

 

 

昨夜、NHKドラマの、

 

蝉しぐれ」を観て、

 

その感動からの、ブログでした。

 

土曜日なのに、

 

今日は落ち着いた予約状況のため。笑

 

雨音を感じながらのブログとなりました。

 

 

皆さまも、季節の「音」に耳を寄せ、

 

素敵な秋をお過ごしください。

f:id:spooLife:20180915131443j:image

 

SPOOL

福島県郡山市桑野2-5-1 桑野ビルA

024-901-9374

 

HP⬇︎

spool.amebaownd.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欠けるは、足るに優る。

夏の夜明けは早く、

 

葉についた朝露も清々しく、

 

心地よい涼しさから、1日が始まる。

 

とは昔の話し。。

 

 

寝苦しさで夜明けに目が覚め、

 

額にかいた汗はベタベタして、

 

シャワーを浴びれば、また暑い。

 

暑さで1日がはじまる近頃の夏でしょうか。

 

 

日本の夏が何処かに行ってしまったようです。

 

 

しかし何故だか、

 

夏の暑さは心をワクワクさせる

 

何かがありますね。

 

うだる暑さに汗を拭う毎日でも、

 

待ち人に会えるような、、

 

やっとお出でなさった感じで、

 

嬉しくなるものです。

 

 

それでもやはり、体には応える暑さで、

 

バテてしまいがちですね。

 

 

そして髪の毛も、もう、

 

どうにもこうにも。。

 

どうにもこうにも、が1番当てはまる季節、、

 

髪にとっては、夏ですね。

 

 

くせ毛の方は特に、、

 

しかし、遺伝ですから仕方がない、、

 

お盆まで耐えて、

 

お盆が来たら、

 

ご先祖さまに直接グチをこぼして下さい。

 

 

すると、お盆あけから、涼しくなるものです。

 

 

お盆まで待てない方は、

 

当店に来てグチをこぼして下さい。

 

改善には少しお金がかかりますが、

 

手っ取り早いですよ。

 

と言っても、イタコではありませんが、、笑

 

非科学的なことではなく、

 

科学的に改善致します。笑

 

 

 

と、冗談はさておき、

 

自分もくせ毛ですので、

 

中学時代は、よく親に文句を言ったものです。

 

しかしどうにもこうにも、、なので、

 

自分でブローしたり、スタイリングしたり、

 

必死でした。。

 

 

しかしそのうち技術がついてくると、

 

不思議と楽しくなるもので、、

 

結果的に友達から髪型を褒められ、

 

ヘアスタイルに興味を持ち、

 

気づいたら、美容師でした。笑

 

 

子供の時アトピーで、

 

美容師になってからも手荒れとの闘い。。

 

肌が強い人が羨ましいと思っていました。

 

しかし、その分、

 

肌が弱い人のツラさが分かります。

 

だから、なるべく肌に優しいものを勉強して

 

仕事に取り入れています。

 

気づけば、

 

肌の弱い方たちからの信頼を頂き、

 

今のサロンの大事なお客様になっています。

 

 

 

20代の時、目の病気にかかり、手術をし、

 

今も後遺症がありますし、

 

片目の視力はかなり弱いです。

 

これはコンプレックスです。

 

見た目にも分かる後遺症なので、

 

初めて会う方には、

 

どう思われるか、気にしてしまいます。

 

これは、接客業としては、

 

致命的です。

 

 

しかし、病気やケガに悩み、

 

後遺症にコンプレックスを抱える人の気持ちも

 

同じ目線で捉える事が出来ます。

 

ですから、

 

そういう方たちが悩みを打ち明けてくれ、

 

自分も精一杯の対処法を考えて、

 

お話させて頂きます。

 

気がつくと、

 

そこには確かな信頼関係が築けています。

 

 

 

何事も、

 

初めは、嫌な事を、

 

環境や人のせいにしたり、

 

自分だけツイてない。

 

と思ってしまいがちです。

 

 

しかし、覚悟を決めて取り組めば、

 

楽しいものに変わったり、

 

気づけば、人が出来ない事ができたり。

 

そんなものじゃないでしょうか?

 

結局、自分でどうするか。

 

それだけなんですね。

 

 

 

自分だけツラい事、

 

自分だけツイてない事、

 

自分だけ出来ない事、

 

自分だけ持ってない事、

 

 

沢山あると思いますが、

 

気持ちを切り替えて挑めば、

 

人が出来ない事、

 

人が気づかない事、

 

この2つを手に入れる事ができます。

 

 

これは自分だけの財産であり、

 

人にも伝える事が出来れば、

 

人にとっても財産になります。

 

 

こう考えて、

 

美容も健康も、

 

仕事も恋愛も、

 

趣味も友達も、家庭でも、

 

財産に出来る事が沢山あると考えて、

 

取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

 

悩みやコンプレックスは、

 

いづれダイヤの原石となるかもしれませんよ。

 

 

「買うは貰うに勝る。」

 

 

と言った感じでしょうか。

 

ただで貰ったものや、初めからあるものより、

 

苦労して買ったものの方が、

 

後から価値がでるということですね。

 

 

 

なるほど、、では、

 

「欠けるは、足るに優る。」

 

でもいいかもしれません。

 

勝るでは無く、優る。

 

優しさですね。

 

何か欠けてる方が、

 

人に優しく出来るのかもです。。

 

 

オリジナルのことわざを作り出す事も、

 

これまた生きる為には大事な事です。

 

 

 

 

f:id:spooLife:20180711180459j:image

 

HP↓

 

 

spool.amebaownd.com

 

サロン紹介サイト↓

 

 

www.fukulabo.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心頭で風味すべきこと。

五月は風薫る季節といい、

 

自然の中を吹き抜けてきた風は、

 

緑の香りがする風であり、

 

 

その暖かな風は、

 

心地よさという薫り、を感じさせる、

 

そういうことを表しているのでしょうか。

 

 

香りは、鼻で感じるもの、

 

薫りは、心で感じるもの、

 

そんな違いがあるようです。

 

 

漢字の違いは、

 

話す言葉では表現できない、

 

風流さがあります。

 

 

 

六月になると、

 

どんな香りがして、

 

どんな薫りを感じれるのか。

 

これもまた、季節の楽しみ方ですね。

 

 

そしてそれは、

 

「今」を感じるという事に繋がります。

 

 

見えて観る、

 

聞こえて聴く、

 

香って薫る、

 

 

それぞれの違いを考えると、

 

始めは、目や耳や鼻を使い、

 

その後に、

 

心を入れて感じるという意味があります。

 

そうすると、その一瞬の大事さに気づきます。

 

 

一方、

 

見る、聞く、香る、

 

だけでは、当たり前に過ぎていきます。

 

 

当たり前に見えて、聞こえて、香ったものを、

 

観て、聴いて、薫るとき、

 

大事な「今」を感じる事が出来るのです。

 

 

日々の生活の中で、

 

どれだけの「今」に気付けるか。

 

それには感じる心と、

 

考える頭が必要だという事です。

 

 

 

仕事をしていても、遊んでいても、

 

その中に「今」を沢山感じる。

 

それこそが幸せの根底ではないかな。

 

そう思います。

 

 

最近、「幸せってなんだろう?」

 

というテーマを、友達に聞かれて、

 

すぐに答えが出ませんでした。。

 

 

あれやこれやと頭の中を整理して、

 

これかな?

 

と思い、ブログに書いているところです。

 

そして、書くことで、

 

さらに、頭の中に思い描くことができます。

 

 

また、人に言うことから、

 

さらには、人に謂うことになります。

 

 

言うは、言葉を発することで、

 

謂うは、考えを述べることです。

 

 

こんな事を考えていると、

 

いつまで経っても終わらないので、、笑

 

 

話しを戻しますと、、

 

 

美容に関することも、

 

 

何かで見たり、

 

人から聞いたり、

 

アロマなどの香りを嗅いだり、

 

 

その時に、

 

心と頭を使い、

 

観て、聴いて、薫ってほしいのです。

 

 

美しくなりたい、

 

若々しくいたい、

 

健康でいたい、

 

そう願うとき、

 

ただ、目や耳や鼻を使っているだけでは、

 

成果も出なければ、

 

続ける事も出来ません。

 

 

 

その都度、

 

感じて、考えてください。

 

化粧品、美容法、健康法、

 

それらを知った時も、

 

また、それらを始めた時も。

 

 

 

そうすることで、

 

自分がしている事の意味を知り、

 

「今」を大切に感じる事が出来ます。

 

他力本願では無く、

 

自分で感じ、考えるのです。

 

 

 

次の一瞬には無くなってしまう、

 

「今」の繰り返しで、、

 

その重なりでまさに「今の自分がある」

 

のですから。

 

 

いい「今」を重ねる事が、

 

いい「歳」を重ねる事です。

 

 

そうして積み重ねられたものが、

 

人の魅力であり、美しさであり、

 

優しさであり、その人の価値です。

 

 

是非、

 

心と頭を使い、

 

心頭で風味すべきことを、

 

大切にしてください。

 

f:id:spooLife:20180530165025j:image

 

 

SPOOL

福島県郡山市桑野2-5-1 桑野ビルA

024-901-9374

 

HP↓

 

spool.amebaownd.com