SPOOLブログ 〜糸まき式〜

美容のこと、健康のこと、暮らしの中のヒントや、きっかけを提案します。郡山市桑野2-5-1 桑野ビルA 024-901-9374 https://spool.amebaownd.com

欠けるは、足るに優る。

夏の夜明けは早く、

 

葉についた朝露も清々しく、

 

心地よい涼しさから、1日が始まる。

 

とは昔の話し。。

 

 

寝苦しさで夜明けに目が覚め、

 

額にかいた汗はベタベタして、

 

シャワーを浴びれば、また暑い。

 

暑さで1日がはじまる近頃の夏でしょうか。

 

 

日本の夏が何処かに行ってしまったようです。

 

 

しかし何故だか、

 

夏の暑さは心をワクワクさせる

 

何かがありますね。

 

うだる暑さに汗を拭う毎日でも、

 

待ち人に会えるような、、

 

やっとお出でなさった感じで、

 

嬉しくなるものです。

 

 

それでもやはり、体には応える暑さで、

 

バテてしまいがちですね。

 

 

そして髪の毛も、もう、

 

どうにもこうにも。。

 

どうにもこうにも、が1番当てはまる季節、、

 

髪にとっては、夏ですね。

 

 

くせ毛の方は特に、、

 

しかし、遺伝ですから仕方がない、、

 

お盆まで耐えて、

 

お盆が来たら、

 

ご先祖さまに直接グチをこぼして下さい。

 

 

すると、お盆あけから、涼しくなるものです。

 

 

お盆まで待てない方は、

 

当店に来てグチをこぼして下さい。

 

改善には少しお金がかかりますが、

 

手っ取り早いですよ。

 

と言っても、イタコではありませんが、、笑

 

非科学的なことではなく、

 

科学的に改善致します。笑

 

 

 

と、冗談はさておき、

 

自分もくせ毛ですので、

 

中学時代は、よく親に文句を言ったものです。

 

しかしどうにもこうにも、、なので、

 

自分でブローしたり、スタイリングしたり、

 

必死でした。。

 

 

しかしそのうち技術がついてくると、

 

不思議と楽しくなるもので、、

 

結果的に友達から髪型を褒められ、

 

ヘアスタイルに興味を持ち、

 

気づいたら、美容師でした。笑

 

 

子供の時アトピーで、

 

美容師になってからも手荒れとの闘い。。

 

肌が強い人が羨ましいと思っていました。

 

しかし、その分、

 

肌が弱い人のツラさが分かります。

 

だから、なるべく肌に優しいものを勉強して

 

仕事に取り入れています。

 

気づけば、

 

肌の弱い方たちからの信頼を頂き、

 

今のサロンの大事なお客様になっています。

 

 

 

20代の時、目の病気にかかり、手術をし、

 

今も後遺症がありますし、

 

片目の視力はかなり弱いです。

 

これはコンプレックスです。

 

見た目にも分かる後遺症なので、

 

初めて会う方には、

 

どう思われるか、気にしてしまいます。

 

これは、接客業としては、

 

致命的です。

 

 

しかし、病気やケガに悩み、

 

後遺症にコンプレックスを抱える人の気持ちも

 

同じ目線で捉える事が出来ます。

 

ですから、

 

そういう方たちが悩みを打ち明けてくれ、

 

自分も精一杯の対処法を考えて、

 

お話させて頂きます。

 

気がつくと、

 

そこには確かな信頼関係が築けています。

 

 

 

何事も、

 

初めは、嫌な事を、

 

環境や人のせいにしたり、

 

自分だけツイてない。

 

と思ってしまいがちです。

 

 

しかし、覚悟を決めて取り組めば、

 

楽しいものに変わったり、

 

気づけば、人が出来ない事ができたり。

 

そんなものじゃないでしょうか?

 

結局、自分でどうするか。

 

それだけなんですね。

 

 

 

自分だけツラい事、

 

自分だけツイてない事、

 

自分だけ出来ない事、

 

自分だけ持ってない事、

 

 

沢山あると思いますが、

 

気持ちを切り替えて挑めば、

 

人が出来ない事、

 

人が気づかない事、

 

この2つを手に入れる事ができます。

 

 

これは自分だけの財産であり、

 

人にも伝える事が出来れば、

 

人にとっても財産になります。

 

 

こう考えて、

 

美容も健康も、

 

仕事も恋愛も、

 

趣味も友達も、家庭でも、

 

財産に出来る事が沢山あると考えて、

 

取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

 

悩みやコンプレックスは、

 

いづれダイヤの原石となるかもしれませんよ。

 

 

「買うは貰うに勝る。」

 

 

と言った感じでしょうか。

 

ただで貰ったものや、初めからあるものより、

 

苦労して買ったものの方が、

 

後から価値がでるということですね。

 

 

 

なるほど、、では、

 

「欠けるは、足るに優る。」

 

でもいいかもしれません。

 

勝るでは無く、優る。

 

優しさですね。

 

何か欠けてる方が、

 

人に優しく出来るのかもです。。

 

 

オリジナルのことわざを作り出す事も、

 

これまた生きる為には大事な事です。

 

 

 

 

f:id:spooLife:20180711180459j:image

 

HP↓

 

 

spool.amebaownd.com

 

サロン紹介サイト↓

 

 

www.fukulabo.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心頭で風味すべきこと。

五月は風薫る季節といい、

 

自然の中を吹き抜けてきた風は、

 

緑の香りがする風であり、

 

 

その暖かな風は、

 

心地よさという薫り、を感じさせる、

 

そういうことを表しているのでしょうか。

 

 

香りは、鼻で感じるもの、

 

薫りは、心で感じるもの、

 

そんな違いがあるようです。

 

 

漢字の違いは、

 

話す言葉では表現できない、

 

風流さがあります。

 

 

 

六月になると、

 

どんな香りがして、

 

どんな薫りを感じれるのか。

 

これもまた、季節の楽しみ方ですね。

 

 

そしてそれは、

 

「今」を感じるという事に繋がります。

 

 

見えて観る、

 

聞こえて聴く、

 

香って薫る、

 

 

それぞれの違いを考えると、

 

始めは、目や耳や鼻を使い、

 

その後に、

 

心を入れて感じるという意味があります。

 

そうすると、その一瞬の大事さに気づきます。

 

 

一方、

 

見る、聞く、香る、

 

だけでは、当たり前に過ぎていきます。

 

 

当たり前に見えて、聞こえて、香ったものを、

 

観て、聴いて、薫るとき、

 

大事な「今」を感じる事が出来るのです。

 

 

日々の生活の中で、

 

どれだけの「今」に気付けるか。

 

それには感じる心と、

 

考える頭が必要だという事です。

 

 

 

仕事をしていても、遊んでいても、

 

その中に「今」を沢山感じる。

 

それこそが幸せの根底ではないかな。

 

そう思います。

 

 

最近、「幸せってなんだろう?」

 

というテーマを、友達に聞かれて、

 

すぐに答えが出ませんでした。。

 

 

あれやこれやと頭の中を整理して、

 

これかな?

 

と思い、ブログに書いているところです。

 

そして、書くことで、

 

さらに、頭の中に思い描くことができます。

 

 

また、人に言うことから、

 

さらには、人に謂うことになります。

 

 

言うは、言葉を発することで、

 

謂うは、考えを述べることです。

 

 

こんな事を考えていると、

 

いつまで経っても終わらないので、、笑

 

 

話しを戻しますと、、

 

 

美容に関することも、

 

 

何かで見たり、

 

人から聞いたり、

 

アロマなどの香りを嗅いだり、

 

 

その時に、

 

心と頭を使い、

 

観て、聴いて、薫ってほしいのです。

 

 

美しくなりたい、

 

若々しくいたい、

 

健康でいたい、

 

そう願うとき、

 

ただ、目や耳や鼻を使っているだけでは、

 

成果も出なければ、

 

続ける事も出来ません。

 

 

 

その都度、

 

感じて、考えてください。

 

化粧品、美容法、健康法、

 

それらを知った時も、

 

また、それらを始めた時も。

 

 

 

そうすることで、

 

自分がしている事の意味を知り、

 

「今」を大切に感じる事が出来ます。

 

他力本願では無く、

 

自分で感じ、考えるのです。

 

 

 

次の一瞬には無くなってしまう、

 

「今」の繰り返しで、、

 

その重なりでまさに「今の自分がある」

 

のですから。

 

 

いい「今」を重ねる事が、

 

いい「歳」を重ねる事です。

 

 

そうして積み重ねられたものが、

 

人の魅力であり、美しさであり、

 

優しさであり、その人の価値です。

 

 

是非、

 

心と頭を使い、

 

心頭で風味すべきことを、

 

大切にしてください。

 

f:id:spooLife:20180530165025j:image

 

 

SPOOL

福島県郡山市桑野2-5-1 桑野ビルA

024-901-9374

 

HP↓

 

spool.amebaownd.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくわえる、暮らし。ということ。

モコモコしていた冬毛が抜けて、

 

夏毛に生え変わり、

 

やっと暑さ対策ができ始めたと思いきや、

 

寒さがやってきました。

 

落ちた抜け毛を拾い集めて、

 

コートを作り、羽織りたいものです。。

 

寒いです。。

 

 

幸い、当店には、

 

皆様の冬毛が沢山落ちていますので、

 

一着ぐらいは作れるかな。笑

 

 

冬毛が抜けて、夏毛が生えてこない方も、

 

ご相談下さい。笑

 

いい動物病院をご紹介いたします。

 

 

と、動物に例えてみましたが、、

 

人間は洋服があるから良かったですよね。

 

 

動物は、この寒暖差に、

 

戸惑いを隠せないでしょう。

 

大変ですよ。

 

植物も然り、、

 

また暖かくなったら、

 

桜が咲けばいいのですが。笑

 

 

冗談は、さておき、

 

自然界では、

 

その季節ごとに、不必要なものを

 

捨てていきますね。

 

そして代わりに必要なものが出てきます。

 

動物も植物も。

 

ですから、異常気象が1番の大敵です。

 

 

しかし人間は、自分の体は

何も変わらないが、

 

洋服や道具を変えていきますね。

 

それでも、

 

冬が終わって、冬ものを捨てないですよね?

 

また寒くなれば出すし、

 

来シーズンも使うし。。

 

人間は、ストックする生き物なのです。

 

そうやって古くから生きてきました。

 

これはとても大事な事です。

 

 

食べ物もそう。

 

先を見据えて、

 

秋のうちに、冬の食べ物をストックします。

 

そうして生まれたのが乾物ですね。

 

その場その場ではなく、

 

常に、先を考えたり、もしもの事を考えて、

 

ストックします。

 

それが知恵です。

 

 

そしてそれは、

 

頭の中にもあります。

 

いつか使える知識をストックしたり。

 

今欲しい情報じゃなくても、

 

ストックします。

 

 

また、辛さ、苦しさに直面したとき。

 

その時は、、

 

いずれ、この苦労が身になる時が来る。。

 

そう信じて、辛さも苦しさもストックする。

 

すると時間が経って、

 

美味しく食べれるものに変わり、

 

厳しい冬もしのげる、強みになります。

 

 

 

「苦労は、買ってでもしろ」

 

良く言ったものです。

 

苦労を買って、そこから得たものが、

 

自分の押入れに入り。

 

いつでも必要なときに使える。

 

自分の押入れに、沢山たくわえる。

 

それが成長するという事なのでしょう。

 

 

最近、若い方々から、

 

仕事の悩み相談を受ける事が多々あります。

 

苦労して悩んでいる人たちには、

 

その苦労は、損ではなく、大きな得であると、

 

伝えます。

 

今は辛くとも、

 

その苦労をしなければ、

 

蓄えが増えませんから。。

 

それが、にんげんだもの。。笑

 

 

 

そして、この事は、

 

みなさまの美容にも繋がります。

 

 

その場で結果が出る美容方法は、

 

あまりありません。

 

やはり、先を見た美容。

 

これが大事です。

 

毎日苦労してやる事一つ一つが、

 

ゆくゆく自分の美しさに変わるものです。

 

美しくいる為の蓄え。

 

これが出来るのも人間だけの能力です。

 

 

ストックするべき、モノ、コト。

 

そのヒントは、当店でアドバイス致します。

 

 

 

これからの季節は、

 

太陽を沢山浴びて、水をグングン吸って、

 

花を咲かせて、蜜をつくり、

 

集まった虫たちのチカラを借りて、

 

自分を沢山、様々な場所に増やしていきます。

 

秋になれば、実がなり、

 

そしてその実は、、

 

来年の新しい自分に変わっていくもの。

 

また、他の人達が、

 

冬を越すための、蓄えにもなります。

 

 全ては、自分の先を見越して成長し、

 

それが人のためにもなる。

 

 

ストックが出来ない植物からは、

 

先を見越した成長を学ぶことができます。

 

これもまた、

 

植物にとっての蓄えなのかもしれません。

 

 

 

みなさまも、自分の先を見越した

 

たくわえのある、

 

 生き方、暮らし、をお送り下さいませ。

 

f:id:spooLife:20180510161048j:image 

SPOOL

福島県郡山市桑野2-5-1  桑野ビルA

024-901-9374

 

HP↓

 

spool.amebaownd.com

 

サロン紹介サイト ⬇︎

 

www.fukulabo.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学びの花ことば

さくらの便りが届きましたが、

 

今夜から雨模様となりそうです。

 

開けてすぐに、涙を落とすほど、

 

感動的な便りだと思うしかないのでしょうか。

 

 

植物からすれば、恵みの雨、

 

人からすると涙の雨。。

 

立場が違うと、感じ方も違うのは、

 

致し方ありませんね。笑

 

 

桜も年中咲いていたら、

 

舞い散る花吹雪が厄介だから、

 

切ってしまえ。

 

となるかもしれないですし、

 

少ししか楽しめないから、

 

大事にされるのでしょう。

 

 

雨風で散ってしまうのも、

 

これまた趣きですね。

 

まさに、「諸行無常」を学ぶには、

 

もってこいです。笑

 

 

幸い福島県は、

 

地域によって、咲く時期が変わりますので、

 

まだまだ、これから楽しめる場所はあります。

 

 

さて、桜の花言葉を調べてみると、

 

「精神の美」「優美な女性」「優れた教育」

 

だそうです。

 

 

なるほど、

 

潔く散るさまが、「精神の美」。

 

 

優しい色と、華やかさの中にある儚さが、

 

「優美な女性」。

 

 

花を咲かせて感動させ、

 

花を散らせて切なくさせる。

 

常に同じ状態ではいれない事を学ぶ。

 

まさに、諸行無常

 

生き方のヒントを教えてくれる花、

 

それが、「優れた教育」。

 

 

繋がりました!笑

 

と、まあ納得のいく花言葉でしたね。

 

 

あれ?

 

この花言葉、、

 

自分が美容師として伝えていきたい事とも

 

繋がるな。。

 

 

 

美しさや、人の魅力には、

 

精神の美しさは欠かせません。

 

潔さや、決断力、信念。

 

 

そしてその精神を

 

人の為に使える優しさ。

 

それが、優美な女性。

 

 

その為に必要な、様々な学び。

 

本質を知る学びは、

 

そこから芋づる式に、

 

沢山の学びに繋がります。

 

 

そして

 

学ぶことで、そこから手に入れたものを

 

人に与え、

 

そこに喜びを感じるから、また学ぶ。

 

学びを人に与える事が「教育」となります。

 

 

自分の為に学ぼうとする、

 

美容や健康などに関する学びも、

 

いづれ本質を知れば、

 

人に伝えたくなるでしょう。

 

その連鎖こそが、

 

優れた学び=「優れた教育」だと思います。

 

優れるとは、優しい

 

と書きますから、

 

 

学びを人に与える優しさ、

 

これが「優れた教育」ですよね。

 

 

 

桜と、自分の美容師としての想いが、

 

今、重なりました!笑

 

 

これもまた学びでした。

 

 

どんなものからも、学びを得ることが出来る

 

そんな生き方、仕事の仕方、人との関わり、

 

そこを目指しています。

 

 

皆様も、この季節に、

 

桜や、草花から、

 

何かを学んでみてはいかがでしょうか?

 

 

SPOOLでも、

 

様々な学びをご用意しておりますので、

 

筆記用具をご持参のうえ、

 

ご来店下さいませ。笑

 

 f:id:spooLife:20180406171559j:image

 

SPOOL

福島県郡山市桑野2-5-1  桑野ビルA

024-901-9374

 

HP↓

 

spool.amebaownd.com

 

サロン紹介サイト↓

 

 

www.fukulabo.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移り変わりを眺めてみれば、、

春の便りが西から届きそうな折、

 

冬の白い落としものが、

 

クール宅急便で届きました。

 

これで最後になればいいのですが。。

 

 

桜前線は、東京を通過中でしょうか。

 

快速急行に乗り換えて、

 

やってきてほしいものです。笑

 

でも各駅停車の方が、

 

ゆっくり景色を眺められるから、

 

いいのかな。。

 

 

自分は移り変わる景色を見るのが好きなので、

 

電車やバスは好きなのですが、

 

地下鉄は嫌いです。

 

ワープしたような気分になるので、

 

今ひとつ、しっくりこないのです。

 

 

物事が次第に変化していく様を見るのは、

 

安心感でもあるなぁ、と思っています。

 

 

ですから、歴史も好きですし、

 

四季も好きです。

 

動物も植物も人も、また同じこと。

 

 

全てが良い方向への移り変わりでは無いけど、

 

それもまた、意味を考え、納得し、

 

受け入れる事の大事さと、

 

自らの心も移り変えなければいけない事を

 

教えてくれます。

 

 

これが成長なのでしょう。

 

 

 

「花」という漢字も、

 

「草」と「変化」という漢字が

 

組合わさって出来ています。

 

 

確かに花の変化は早く、

 

驚かされます。

 

 

桜も、その変化についていくのが大変で、

 

人はみな、踊らされてますからね。笑

 

 

 

しかしその変化こそが、花の魅力であり、

 

様々な気付きを与えてくれているのです。

 

 

また、変化していくものだから、

 

花に尊さを感じ、

 

そこに自分の想いを乗せて贈ることが、

 

人の心を動かし、

 

相手の心さえも

 

変化させるものなのではないでしょうか。

 

 

 

花の移り変わりに自分の心を動かされ、

 

花を贈ることで、人の心も動かしたい。

 

人が花に求めるのは、

 

「移り変わり」なのかもしれませんね。

 

 

 

そして人もまた、

 

花ほど早くはないですが、

 

日々変化していくものですね。

 

 

歳を重ね、変化していく事を

 

マイナスに考えがちですが、

 

花は枯れても、また次の年に咲きます。

 

それの繰り返しです。

 

 

人が歳を重ねる事も、

 

花が枯れるように、

 

老いていくものにしか見えないかもですが、

 

代わりに何かを得て、心が変化し、

 

次の花を咲かす準備をし、

 

また華を咲かせるのだと思います。

 

 

 

その為には、根を大事にしなければいけません

 

根が腐れば、2度と花は咲きません。

 

 

大地とくっついた根は、

 

栄養補給の大事な器官です。

 

 

人間で言えば、

 

食べ物の栄養を補給する腸であり、

 

人から様々な事を吸収する、心と頭です。

 

 

体の栄養補給と、

 

コミニケーションによる知恵の補給。

 

これこそがアンチエイジング

 

根っこだと思います。

 

 

 

そして、

 

若い花は、いづれ華に変わるのです。

 

「花」が「華」に変わる事は、

 

素敵な事です。

 

 

歳を重ねる事を、

 

花から華に、移り変わるものと捉えて、

 

生きていく事が、

 

豊かな人生だと思います。

 

 

みなさまの移り変わりを

 

手を差し伸べながら、

 

眺めていきたいと、

 

SPOOLは考えています。

 

 

さあ、桜の変化に負けぬよう、

 

みなさまも日々変化していって下さい。

 

 

綺麗な花(華)を咲かしにいらして下さい。

 

ご来店お待ちしております。

 

 

ついでに、

 

話しにも花を咲かせたいものです。笑

 

お後がよろしく。

 

f:id:spooLife:20180322173448j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほつれた布の治しかた。

穏やかな陽気のなか、

 

心地よい爽やかな風を店内に流し込み

 

あと2時間ほど、お客様の予約もなく、

 

ゆったりとした店内で、

 

コーヒー片手にほっと一息。

 

 

暖房を消して、入口のドアを開けたまま、

 

心地よさを感じる事が、

 

とても懐かしいことのような気がします。

 

 

長い冬を越すと、

 

暖かさまでも懐かしく感じてしまうのですね。

 

そして暖かさも、いつしか当たり前になる。

 

それの繰り返しですね。

 

 

 

この時期最大の難所、

 

確定申告も無事終わらせ、

 

今年こそは、コツコツと事務仕事をして、

 

来年は楽に終わらせたい。

 

それは、去年と同じ思いですが、

 

やはり繰り返してしまうものです。笑

 

夏休みの宿題と同じ事を

 

今も続けています。。

 

やはり、懐かしさは繰り返すものなのです。

 

 

さて、肩の荷も下ろし、

 

軽くなった頭で、

 

3年目に突入したという事もあり、

 

初心を思い返してみようと思います。

 

 

お店のオープン前、サロン名を考えていた時、

 

ひらめいたのが、「糸巻き」でした。

 

英語にすると、「SPOOL」

 

スペルも響きも悪くないなと思い、決定です。

 

 

なぜ、糸巻きなのか。。

 

それは、糸巻き=生き方

 

だと感じてしまったからです。

 

 

糸巻きって、太い糸、細い糸、いろんな色、

 

どんな糸でも巻きこめて、

 

違う糸は、結べばすぐに巻けるのです。

 

接着剤もいらず、

 

混ざり合ってしまう事もない。

 

そしてひたすら巻けます。

 

 

でも、上手く巻くには、

 

糸巻きをバランスよく上下左右に動かす

 

必要があります。

 

 

人が日々何かを吸収することに似てるのです。

 

 

ただ巻くだけでは、

 

一箇所に集まってしまいます。

 

 

同じように、人の生き方も、

 

常に動いてないと上手く吸収できないのです。

 

 

そしていよいよ巻けなくなる時がやってきます

 

両サイドの丸いやつの大きさを越える時です。

 

 

その時、1番簡単なのは、

 

丸いやつに棒の1本でもくっつければ、

 

またいっぱい巻けるのです。

 

割り箸なんて付けた日には、

 

まだまだ恐ろしいほど巻けますよ。

 

 

とても簡単ですが、

 

少し頭を使って考えたら、

 

いとも簡単に解決出来ます。(糸だけに)

 

 

これが人の成長と重なるのです。

 

糸巻きを変える必要はないのです。

 

 

これがもし、グラスだったら、、

 

溢れそうになったら、飲んでしまうか、

 

新しいグラスを用意しなければいけません。

 

 

 

そして糸巻きは、芯の太さが色々です。

 

この芯が、人の芯と同じに見えるのです。

 

 

芯が細いと、それだけ沢山の糸を巻けます。

 

でも最初は、いっぱい回らないといけません。

 

逆に芯が太いと、

 

あまり沢山巻けませんが、

 

ゆっくり回るだけで、簡単に長い糸も巻けます

 

 

それぞれ、良し悪しはあれど、

 

芯にあった回し方が必要なのです。

 

人も同じだと思うのです。

 

 

もし、糸が切れたら結べばいいのです。

 

 

そしてその糸を

 

他の人の糸巻きに巻いてあげることも出来ます

 

結び方さえ覚えればいいのです。

 

糸によって、適した結び方もあります。

 

結び方は、コミニケーションの事です。

 

 

 

 

「SPOOL」とは、

 

美容、健康、食、暮らしの中のヒント、

 

ものの考え方のヒントなど、

 

様々なものを

 

お客様自身の生き方である糸巻きに、

 

巻き込んで持ち帰って頂き、

 

必要な時に、その糸を引き出し

 

糸を紡ぐように暮らして欲しい。

 

という願いです。

 

針は、ご自身でご用意下さい。笑

 

 

というのは冗談で、

 

針は、

 

みなさまの、手足であり、言葉であり、

 

表情であり、感情であると思います。

 

 

暮らしの中でほつれてしまう布もありますが、

 

針と糸があれば、捨てなくて済みます。

 

 

みなさまの暮らしに役立つ

 

様々な糸をご用意していますので、

 

ご来店お待ちしております。

 

f:id:spooLife:20180315152120j:image

 

SPOOL

福島県郡山市桑野2-5-1 桑野ビルA

024-901-9374

 

 

HP⬇︎

http:// https://spool.amebaownd.com/

 

サロン紹介サイト⬇︎

www.fukulabo.net

 

 

 

 

 

 

 

春風ふいて、「まこと」を考える。

寒さも緩みはじめ、

 

今日は、激しくも暖かめの風が、

 

「ふゆ」の空気を吹き飛ばし、

 

春の、

 

「は」の字が漂いそうな気がします。

 

 

 

東京では、桜も顔を出し始める頃でしょう。

 

 

ここ郡山では、

 

あと1か月といったところでしょうか。

 

 

 

 

 冬眠モードの方、

 

そろそろ目覚ましが鳴りますよ。

 

二度寝せず、スッキリ起きたいものですね。

 

 

 

さて、春は心地よいものですが、

 

花粉症の方にとっては、

 

ツライ季節かと思います。

 

 

 

しかし、そもそも、

 

花粉に反応してしまう事自体が、

 

体の異常事態ですよね。

 

食べ物のアレルギーもそうです。

 

完全に現代病です。

 

自分もアレルギー体質なので、

 

何とかならないものかと、勉強しています。

 

 

 

そして今、美容師として、問題を感じるのが、

 

カラー剤によるアレルギーです。

 

 

カラー剤に含まれる、ジアミンという成分に

 

アレルギー反応を起こしてしまうのですが、

 

生まれつきのジアミンアレルギーではなく、

 

年齢を重ねてから発症する方が

 

増えているのです。

 

 

 

これは正に、花粉症と同じような、

 

長年の蓄積によるものでしょう。

 

 

 

ジアミンは、シャンプーで落ちきれず、

 

頭皮に残留しがちな成分ですので、

 

長年のカラーの蓄積、

 

特に白髪染め(ジアミン多量と、アレルギーを引き起こしやすいジアミンを使用している)

 

を繰り返している方に発症しやすいのです。

 

 

 

ですから対策としては、

 

残留を防ぐ事が大事になります。

 

 

そこで、当店では、

 

ジアミンのデトックスを、

 

カラー後におすすめしています。

 

 

ジアミンアレルギーを引き起こさず、

 

長年カラーを楽しむ為には大切な事です。

 

是非デトックスをしてください。

 

 

 

 

〜これからの不安〜

 

今の子供達は、

 

かなりの割合でアレルギー体質です。

 

自分が子供の頃は、食べ物のアレルギーなど、

 

あまり聞きませんでした。

 

 

という事は、

 

将来、アレルギーのある子供達が、

 

大人になり、

 

ヘアカラーを楽しみたいと思っても、

 

もしかしたら、多くの人が

 

ジアミンアレルギーを発症してしまうかも。。

 

そんな心配をしています。

 

可能性は充分高いです。

 

 

化粧品なども然りです。

 

 

カラーもパーマも、

 

そして、化粧品も使えない。。

 

食べ物のアレルギーも、

 

どんどん種類が増える。。

 

 

かなりの異常事態ですよ。

 

 

美容室でカットしか出来ない日が来るかも。。

 

これは、美容師にとってかなりの大問題です。

 

 

そして日本人全員が、

 

この事をもっと考えなければいけません。

 

 

 

 

世界的に見ても、

 

日本のアレルギー人口は異常ですから。

 

 

これはおそらく、

 

食品添加物と大きな関わりがあるでしょう。

 

 

食品添加物の種類が年々増加する、

 

添加物大国が日本ですから。

 

無関係とは決して言えません。

 

 

 

アレルギーを引き起こさない為、

 

アレルギー体質を改善する為、

 

それには必ず食事が大事になります。

 

 

アレルギーのある方、

 

アレルギーのお子様をおもちの方、

 

これから子供を産む方。

 

食に対する意識が大切です。

 

 

 

自分は、美容師という立場で、

 

髪、頭皮、肌

 

の勉強をしてますが、

 

やはり体は一つの繋がりです。

 

 

髪も頭皮も、肌も、

 

腸から吸収された栄養素で作られます。

 

 

 

しかし、その栄養素は、

 

命に関わる内臓修復が行われた後に、

 

髪や肌にまわされます。

 

 

つまり内臓が健康でなければ、

 

髪や肌には、

 

栄養素が行きづらいと云う事です。

 

 

このように、

 

体を部分的に勉強しても、

 

的確なアドバイスは出来ません。

 

 

直接、髪や肌に触れる

 

薬品、洗剤などの勉強も大事ですが、

 

やはり、体の仕組みや、

 

食に対する勉強も必要だと考えています。

 

 

 

体に関わる仕事をする以上、

 

その責任があると考えています。

 

 

 

自分は、

 

ヘアデザイナーではなく、

 

美容師で在りたいからです。

 

 

ヘアデザインは、

 

美容師の仕事の中の1つのパーツ

 

でしかないと思います。

 

そして体の中でも1つのパーツです。

 

 

そのパーツを魅力的にするにも、

 

 

やはり、

 

美容=健康=食

 

これが真理であり、

 

大切だと思います。

 

 

真理とは、全ての事に共通する

 

絶対的で本質的なものです。

 

 

体だけではなく、思想や生き方もそうです。

 

 

 

厳しい冬を、激しい春風が吹き飛ばし、

 

穏やかな春がやってくる。

 

四季のサイクルも、また自然の真理です。

 

 

 

皆さまの暮らしに役立つ

 

分かりやすくシンプルな真理を見つけだし、

 

アドバイスさせて頂く仕事を

 

追求していきたいと思っています。

 

 

 

当店は、明日3月2日で2周年を迎えます。

 

3年目も、自分の目指す美容師像を

 

ブレる事なく追い求めていき、

 

「まこと」を伝えたい、

 

と考えております。

 

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

f:id:spooLife:20180301152814j:image

 

 

 

 

SPOOL

福島県郡山市 桑野2−5−1 桑野ビルA

024-901-9374

 

HP⬇︎

spool.amebaownd.com

 

サロン紹介サイト⬇︎

www.fukulabo.net